OUR JOB

海外で働く

海外工場管理の仕事

文化の違いに直面することが、むしろ楽しい。

文化の違いに直面することが、むしろ楽しい。

加藤学(かとうまなぶ)

入社:2006年

所属:NITTO METAL INDUSTRY CEBU INC.駐在
(現地法人:社長)

Q.セブ工場に赴任が決まった時の気持ちは?
ある日突然、社内アナウンスで会議室に呼ばれたんです。「何かミスしたかな?」と、ドキドキしながら会議室のドアをノックしました。ドアを開けると中にはニコニコ顏の専務と上司が座っています。そしておもむろに、セブ島がいかにいい所かを話し始めるのです。フィリピンに工場を作る話は聞いていたので、まさか…と思っていたら、やはり海外赴任の知らせでした。
ミッションは現地での会社設立、経済特区への登録、移管製品の立ち上げ、工場の管理などです。このときは声を掛けてもらえたことが非常に光栄で、こんな経験は二度とできないぞ…というポジティブな気持ちが強かったです。
しかし、日本での業務引継ぎやプライベートの身辺整理が進み、海外に行く実感が徐々に沸いてくると、「自分にできるのだろうか」と不安がどんどんつのります。一時は断ろうかと思ったくらいですが、同僚や上司による激励で「やれる限りやってみよう」という前向きな気持ちで赴任できました。
出発前にはみんなが「困ったことがあったらすぐ連絡してくれ」と言葉をかけてくれ、良い同僚や上司に恵まれているなあと、改めて実感しました。
Q.セブ工場での仕事内容

Q.セブ工場での仕事内容

基本的には全ての仕事に携わります。現地の外注との価格交渉。品質管理や工場内の現地スタッフへの指示。出荷計画に沿った生産計画の構築。日本や中国から部材を輸入することも多く、過不足なく部材を確保しておくための在庫管理も重要な仕事です。もちろん、製品の出荷や部材の調達などの輸出入業務も欠かせません。また、生産の場面以外でも経理や人事労務、現地スタッフの教育・研修といった仕事もこなします。工場のトイレが壊れたら修理もしなきゃいけません。ありとあらゆる仕事をこなすために、毎日ありとあらゆる人と会い、さまざまな交渉や情報交換を行っています。

Q.海外で苦労すること

Q.海外で苦労すること

やはり一番はコミュニケーションです。下手な英語で現地スタッフに仕事を説明すると、「OK、OK。問題ない。」と言って作業を始めますが、後で見に行くと説明したこととぜんぜん違うことをやっていたりします。やはり現場では一緒に作業して、実際にやって見せることが一番なんです。また、文化の違いに面くらうことも多いです。仕事に対するスタンスが日本人とは基本的に違います。どちらがいいかは別にして、基本的に仕事で無理はしませんし、頼んだ仕事が期日を過ぎても仕上がっていないことも頻繁にあります。そうした文化の違いを受け入れて、どうにか現場を回していく毎日です。ただ、苦労だとは思いません。たくさんの人に助けられているので、楽しんで働けています。

Q.海外での仕事の楽しいところ
仕事のほとんどを自分の裁量に委ねてもらっているところです。現地では、少人数であらゆる問題に対処しなければならない場面も多いです。そうしたケースでの課題解決力を磨けることは、お金には代えられない貴重な財産になると思っています。海外では文化の違い、言葉の違い、環境の違いなどがあり、日本とは違って物事が簡単に進みません。日本なら1時間で終わる程度の書類申告が2日かかったりします。ですので、小さなことでも無事に終ると達成感があります。

私の休日

散歩してることが多いですね。街中やショッピングモールをブラブラ歩き回ることが楽しいです。平日はどうしても、会社とアパートの行き帰りで終ってしまいますので、エクササイズも兼ねたウォーキングの気分です。
また、たまに誘われてゴルフにも行きます。
練習もしていないので、スコアは酷いもんですが。

私の休日

品質管理の仕事

自分のアイデアを試しやすく、力を付けるにはもってこい。

自分のアイデアを試しやすく、力を付けるにはもってこい。

坂本聖典(さかもときよのり)

入社:2009年

所属:NITTO METAL INDUSTRY CEBU INC.駐在
(現地法人:ゼネラルマネージャー)

Q.セブ工場に赴任が決まった時の気持ちは?
初めてセブ工場への赴任の話を伺ったのは、新規製品の立ち上げで約半年間中国の昆山工場へ出張しているときでした。やっと立ち上げが終わり、日本への帰国の目途が立っていたときに突然、専務から電話があったんです。
直接の電話なんて、めずらしいなぁ…と思いながら受話器を取り上げます。すると「次はフィリピンでセブ工場を立ち上げるけど、やってみない?」というお話だったんです。
びっくりしました。当然、「え?フィリピン?セブ?」となります。少し考えましたが、イチから会社の立ち上げができること、英語が勉強できること、初めてのフィリピンへの好奇心が先立ちました。こんな機会は滅多にありません。必ず自分の力になると思い、挑戦を決めました。
日東でも初のフィリピン進出です。赴任前に周囲に聞いても、フィリピン情報はあまり集まりません。右も左も分からない中で赴任し、体当たりでなんとか乗り越えています。
Q.セブ工場での仕事内容

Q.セブ工場での仕事内容

品質管理がメインの仕事なのですが、生産の段取りから出荷準備まで生産の全てに関わっています。取引先の外国企業(主に日系)やローカル企業の日本人又は外国人(主にフィリピン人)管理者との、納期、品質面、単価交渉等も行います。かと思えば、自社のフィリピン人スタッフへの生産指示や品質指導も行い、業務が円滑に進むようにコントロールします。日々、さまざまな人たちと関わり合いながら、仕事を進めています。

Q.海外で苦労すること

Q.海外で苦労すること

コミュニケーションには苦労します。文化や人種の違いなのでどうしようもないですが、仕事についての考え方が日本と違い、こちらの意図をなかなか分かってもらえないことがあります。品質を日本の基準に合わせようとしても、そもそも日本流の品質管理手法が通用せず、フィリピンオリジナルの方法論を見つけなければなりません。失敗して、次を試しての繰り返しで、なんとか光を見つけています。やはり、まずはその国の文化・やり方を理解しなくてはダメです。また、物資の調達も大変です。セブはほとんどが輸入品ですので、調達にどうしても時間がかかります。その時間を見越した計画を考える必要があり、難しさを感じることも多いです。

Q.海外での仕事の楽しいところ
海外では色んな事をこなす必要があります。しかも、何もかも初めてなので大変です。でも、大変ですが自分のアイデア・やり方を試しやすい環境にあります。力を付けるにはもってこいの場所です。自分が成長できていると感じられるのは、楽しいですね。その分責任も大きいですが。
また、現地の人たちの仕事に対する考え方、取り組み方も勉強になります。いろんな角度から考える力が身に付きます。日本の考え方が正しかったり、意外と日本の考え方が良くないことに気づいたり。今までよりもさらに海外への興味が深まり、楽しいです。

私の休日

外出時にはショッピングモール散策で買い物を楽しんだり、マッサージにでかけたりしています。家では、本を読んだりNHKを見たりしてリラックスしていることが多いですね。

私の休日